現代社会でしたたかに生きていく方法

きままに生きていくのは悪くはない

通chというところは?New

こんにちは!見ていただきましてありがとうございます。

このブログがどの方向に向かっていくのかは、本人ですらしかねていますので、ここの先を導いてくれるのはあなたの応援あっての原動力です、よろしくねーっ♡

それでは今回もいってみよー!

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>



お仕事

働き方の改革は、思考の改革からだぞっ

投稿日:2017年2月16日 更新日:

今日も債務よ、おコタから出れない、、、
ん、ちょっと字が違うよ、債務じゃないよ、寒いだよ。

寒い話で益々のご活躍をお祈りいたします。
With a cold talk, I pray for your continued success...

絶対零度を振り切りる寒さなので、これ以上しません、ごめんなさい。

働き方改革で時短が進む?

  こんな滑るようなことを言っているので、財布も寒い限りなのですが、今年の春闘は時短がテーマになっているようですね。

拘束時間を短縮されると、アフターの生活にゆとり持てるので、給料が上げられないなら、労働時間の短縮を要求したい!その上で残業させたいのであれば、最低でも2倍の残業代を支給すべきである。

もっとも、仕事のやり方を全く変えずに労働時間の短縮だけをすれば、量やクオリティはとても今までと同じには保てない。

どちらかを犠牲にする必要があるが、すでに今までとは同じやり方というのは無理なのは明らかであり、効率を良いものに変えて行かなくてはならない。

いや、変えることが生き残ることの唯一の手段であり、今までの成功談では乗り越えることは難しいことなのです。

週休3日の夜明けは近い!

今年新たな話題と言えば「週休3日!」もうそれだけでごはん三杯食べれるかもしれない(ウソ)。

けれども、休みが増えることを望むのは皆同じようで、下記のグラフだと8割近くが賛成のようです。


たぶん残りは経営側の人の様な気がする。そりゃ働く傭兵がいなくなれば利益が減るかもしれないお化けに取りつかれてしまいますからね。

まじでこのまま働き方改革ブームで時短が進んでいき、5年とか経ったら、


であれば、かなりパラダイス。

それこそ、好きなことを仕事にすることということが、できるのかもしれない。

成功のカギは今月から始まるプレミアムフライデー

今月から行われるというプレミアムフライデー。今のところ月末金曜日の午後3時退社でそれ有給休暇ね、とふざけた制度になりつつあります。それでも残業がし難くなってきているトレンドは気分がイイ。

これがいつのまにか、毎週金曜日になり、半ドンになって、金曜がいつぞやかの土曜みたいになって、いつかは週休3日になるのではないかと、こころながら願っています。

半分冗談でもなく、口火を切ったのはヤフージャパン。


2割ほど給与が低くなるとのことですが、元々の給与が高くないので、減らされるのは微々たるもの。その分、副業というかダブルワークでそれを補う様になる。

働き方が変わるというより、生き方や考え方が今までとは随分と変わっていきそうですねぇ。

充実した余暇を過ごすか、少しだけアクティブに動くか?それは自由なのです。

あとはみんなとお手てつないで、9時から仕事!を無くすことだけ。ここはテレワークがうまく補ってくれればうれしいですね。

あの満員電車を、あと20年とか乗りたくないですし。

週休3日だとライフプランも変わりそう。特に週末の過ごしかたが

3日休みだと、結構遠出ができます。これに祝日が重なった日には、あなた、週末海外なんて余裕です。アジア・太平洋であれば、現実的にできなくもないことです。

海外に出なくても、週末帰省や別荘暮らしがでかけるかもしれません。もしかして、今から地方の別荘に青田買いするのがいい?なんて、おバカな妄想をしてしまいました。

何か考えてくると、週休3日は何か夢や面白いことがやって来そうな気がしてなりません。

これは皆で盛り上げていかないと!!

-お仕事
-, , , ,

Copyright© きままに生きていくのは悪くはない , 2021 AllRights Reserved.