現代社会でしたたかに生きていく方法

きままに生きていくのは悪くはない

通chというところは?New

こんにちは!見ていただきましてありがとうございます。

このブログがどの方向に向かっていくのかは、本人ですらしかねていますので、ここの先を導いてくれるのはあなたの応援あっての原動力です、よろしくねーっ♡

それでは今回もいってみよー!

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>



お仕事

未完成でPDCAを回すのが正?!

投稿日:

誰にも届いていない共謀罪反対

今日新宿を歩いていたら、共謀罪反対の方々が街頭演説をしていました。

場所は新宿西口、駅の前〜♪ですが、喫煙所前なので、まともに聞いている人いるのかいないのか?

あぁ、多分いません^_^

立ち止まっているから聞いているのかというものではなく、喫煙者は「ウゼー」という顔なのです。誰に向けた演説かはわかりません。

自己満のための演説なんでしょうか?

通りすがりなので、聞いていませんが、聞こてきたのは、「〇〇の場合でも適用されるのかどうか」なんとかという、反対派がよく揚げ足をとりやすい、レアケースな場面を取り上げて問題を投げかけていますた。

最近野党が反対することは、法案の中身が反対なのか、趣旨が反対なのかが分かりにくい。せめて趣旨はどっちなのかくらいは話せよと。

PDCAサイクルで弾力ある法運用を

それと、始めから完璧なもの要求し過ぎてね?

最近の心理学者は、ネジが飛んでいる。

もちろん安全に関わるものは基準を下げてはこまりますが、運用上やや曖昧なところは、気が付いた所で立ち止まり振り返りが出来ぬものなのか?

法律は作ったらその時から過去のものとなりますので、定期的に見直しが必要です。言い換えれば、出来てからこそPDCAで回すことが重要なんですよ。

あまりにも法の運用が絶対視し過ぎて、完璧主義でないと「できません・やりません」だと、本当に必要な人や場合に十分発揮できないです。

-お仕事

Copyright© きままに生きていくのは悪くはない , 2022 AllRights Reserved.