現代社会でしたたかに生きていく方法

きままに生きていくのは悪くはない

通chというところは?New

こんにちは!見ていただきましてありがとうございます。

このブログがどの方向に向かっていくのかは、本人ですらしかねていますので、ここの先を導いてくれるのはあなたの応援あっての原動力です、よろしくねーっ♡

それでは今回もいってみよー!

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>



お仕事

マイクロソフトの開発職が2017新卒から年俸700万円に初任給を改訂

投稿日:2017年5月19日 更新日:

2018年卒の開発職の募集要項には、2017年4月入社から、「新卒初任給を学卒と院卒共に基本年俸 700 万円に改訂します」とある。初任給を改訂したのは、「優秀な新卒の皆さんにマイクロソフトの魅力をさらに感じていただくため」だという。もちろん通勤交通費は全額支給で、退職金制度も整っている。

ネット上では、「700スタートとかすごいな」「絶対にマイクロソフトに入りたい人生だった」と羨む人が続出している。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の大卒の初任給の平均は、約20万円。年に2回、2か月分のボーナスが出たとしても年収320万円だ。初任給を産業別に比較すると、確かに情報通信業が最も高いが、それでも月収21万円強、年収に換算して350万円弱にとどまっている。

同社の高給ぶりの背景について、人材研究所の曽和利光氏は、「開発職、すなわちエンジニアという職種の特性が関係している」と語る。

「マイクロソフトだから初任給が高いというよりは、エンジニアという職種の特性が関係していると思います。エンジニアとして必要な能力は、学生のうちに培うことができます。社会人と変わらない力量を持った学生もいます。エンジニアの仕事は、知的要素で成り立っているからです。社会に出てから身に付ける、対人能力やマネジメント能力はあまり求められませんし、社会人経験も必要ありません。

引用元:キャリコネニュース

日本マイクロソフト初任給700万円

本当かと思って、日本Microsoftの採用ページを見てみると、

本当だった!

けどれ、もう2018年新卒採用募集は終了しています。ので、来年以降ですね。

まぁ、アメリカ国内などの海外在住のIT系であれば、1000万位はいけるのではないのですか。日本企業ならトヨタに努めて30年越えっという社員になるのでしょうか。

ここまで格差があるのは、日本があまりにもエンジニアを使い捨てすぎたのが一旦でしょう。未だにソフトウェアでの国際評価が限りなくゼロですからね。

完璧にソフトウェアに関しては、発展途上・新興国レベルなのです。

エンジニアには高い給与かカスジニアを攫むか

マイクロソフトが日本で初任給をこれだけアップさせるということは、まだ人材はそれなりに選べばいるということが考えられます。

これによりエンジニアへの正当な対価が差し伸べられることを望みます。文系経営者が失敗してきたのは、もう東芝や郵貯だけで終わりにしましょう。あ、同じ人だった(笑)

日本の優秀な理系頭脳に投資をするべき。文系などは家畜扱いにしておくのが十分。できないのであれば、海の向こうの企業が大風呂敷でやって来て、一網打尽にかっさられるのがオチ。

あとは手なずいているクズジニアを苦労して飼う?何も生みませんが。

今まで日本のエンジニアというのは、多重派遣・薄給ブラック長時間残業三昧の会社につぶされるか、つぶされる前に海外にしか逃げるしかないところに、一筋の光が差し込んだのでしょうか?

-お仕事

Copyright© きままに生きていくのは悪くはない , 2022 AllRights Reserved.