現代社会でしたたかに生きていく方法

きままに生きていくのは悪くはない

通chというところは?New

こんにちは!見ていただきましてありがとうございます。

このブログがどの方向に向かっていくのかは、本人ですらしかねていますので、ここの先を導いてくれるのはあなたの応援あっての原動力です、よろしくねーっ♡

それでは今回もいってみよー!

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>



ひとりごと

てるみくらぶ利用者がなぜか自己責任論になっているのは、海外行ったことない人っぽい

投稿日:2017年3月30日 更新日:

てるみくらぶの破産は負債額が約100億にも上ることから、一部では「倒産は計画的ではないか」の声があります。

旅行業協会の弁済制度ですが、1億2000万しかないところに、既に2万5千程の申し出があるので、返金はかなり少なくなる模様です。

てるみくらぶのツアー客は被害者

その一方で、破産事後まだ3000人ほど海外にいたそうです。被害に会われた方はお疲れさまとしか言いようがありません。

ただ、


社長がこんな風に言ってしまったので、その部分が誇張さて、ネットでは安いから使うなんて自己責任の様とか「ざまぁ」とか罵倒が目に付きました。

ただそれはちがうのではないかと。これは事故ではなく、ツアー客は善良な被害者ですからね。

安い値段であっても、利用客はちゃんとした契約書で結んで旅行へ出かけているので、落ち度はありません。申込して代金を旅行代理店に支払ったのに「支払いがない」と言われれば、それはパニックになりますよ。

しかも昨日まで使えていたホテルが、翌日代金払われてないと言われたら、それ何の冗談と言いたくなると思います。

批判している声には、単に海外旅行に嫉妬しているような、時代錯誤な意見もあります。それは単なるやっかみじゃないかと思われ。ツアーで行っただけで批判できる人が湧いてくるのが悲しいです。その内容は乏しいものなのです。

年度末で仕事が忙しいから、遊びに海外行ける人への嫉妬なのだろうか?

アジア圏の近距離であれば、航空券だけでも数万ぐらいしかしませんし、むしろ国内の方が同じ日数の旅費を比べたら、トータルで旅費が高くなる場合がありますからね。

また今のところ、ホテルや観光の足となる交通がキャンセルされていますが、飛行機の復路キャンセルは今のところはない模様。

てるみくらぶが零細企業であれば、それほどニュースにはならなかったと思います。

HISを含めた格安系旅行会社の中ではそこそこ規模があり、被害者数や金額などか多いので、ここまでニュースになったと考えれらます。

JATAは他責ではなく改善を

てるみくらぶ破産後、にわかにこの記事が読まれています。今の日本の旅行会社の悪しきとろです。


旅行業協会に入ると営業保証金を安くできるので、そのために加入しているという会社は多いと思います。だが今回の倒産によって、未出発の顧客に返金できる額ではまったくなかったり、突如ツアー継続が困難になりました。

なのでこのことが教訓になって、支払った旅行代金やツアー中の中止の保全と保証は、旅行業界全体で考えてもらいたいものです。

特にツアー中の突然の打ち切りはかなりキツイですよ。

-ひとりごと

Copyright© きままに生きていくのは悪くはない , 2021 AllRights Reserved.