現代社会でしたたかに生きていく方法

きままに生きていくのは悪くはない

通chというところは?New

こんにちは!見ていただきましてありがとうございます。

このブログがどの方向に向かっていくのかは、本人ですらしかねていますので、ここの先を導いてくれるのはあなたの応援あっての原動力です、よろしくねーっ♡

それでは今回もいってみよー!

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>



お仕事 ひとりごと

てるみくらぶで発券できないトラブルからお父さんへ。しかも以前の利用者まで魔の手が。

投稿日:

東京渋谷にある旅行会社「てるみくらぶ」が販売した海外旅行のツアーにおいて、航空券が発見できないという苦情が発生。

その後25日までに事業停止へ追い込まれているようです。

始まりは金曜の発券トラブルの連絡から


3月24日にてるみ側から一部利用者に対して「航空券の発券トラブルがあったので、旅行には行かないように」という連絡が入ったようで、利用者は大混乱。

その後、利用者からの問い合わせや苦情は観光庁まで数件入り、事態の確認へ乗り出しました。

3月25日は同社のホームページ上で「※誠に勝手ながら、3/25(土)は臨時休業とさせていただきます。」と、翌日26日も掲載されています。本社事務所はすでにひっそりしていたとのこと。

その後、TSR(東京商工リサーチ)の倒産情報に記載されました。

旅行に申し込んだ人は悲鳴の声

いま旅行を申し込んでいる人は、弁済制度があるとはいえ、取扱金額が多いという話もあって、返金される見込みは微妙なところ。

あってもそれまでの道のりは長いかもしれません。中には新婚旅行に150万入金済みとか、定年後の旅行代金を納めていたりと、かなり高額に上りそうです。

しかしかなり悲惨なところは、既に旅行を始めてしまった人。


まだ別料金で宿泊ができたのはまだいい方なようで、


旅行先で投げ出された人もいるようで、被害はかなり拡大しているようです。

代金が予約先の代理店もしくは施設や交通機関に払われていないので、キャンセルとか予約取り消し扱いとなっているようです。

中には倒産が分かっていた上で、帰路を用意してくれた神対応の代理店さんもいらっしゃるようです。


ホント、台湾は神対応過ぎて頭が上がりません。

これから旅行に行かなくても以前の利用者にも魔の手が

被害は予約が消えただけにとどまらず、過去にてるみくらぶを利用していただけで、今回の騒動に巻き込まれた方もいらっしゃるようです。


これ以外にも請求があるかはまだわかりませんが、取引のない請求が来ているというのはちょっとマズい状況です。

今現在のところてるみ側から、ことの顛末の説明はありません。

そのためこれを拡散させるために取り上げました。

裁判所に申し立てにより破産手続開始

平成29年3月27日、てるみクラブより東京地方裁判所に対して破産手続開始の申立てが行われ、破産手続きが開始しました。

代理人弁護士によると、負債は150億円にも上り、旅行申込分だけでも100億円程になりそうで、約3万6千人が影響を受ける可能があるとのことです。

26日時点において、てるみくらぶを利用して海外にいる人は、2500人ほどいるそうです。

詳細については、てるみくらぶのホームページに記載されています。

-お仕事, ひとりごと

Copyright© きままに生きていくのは悪くはない , 2021 AllRights Reserved.